2009年06月22日

Codeine / The White Birch

codeine

元祖スロウコアCodeineの3作目にして94年発売のラスト・アルバム。
人間誰しもが心の奥底に持っている、どんなに頑張っても拭い去る事の出来ない孤独や虚無感。
そんな感情をこれでもかとえぐり出してくれる(良い意味)でどうしようもない作品。
どこまでも続くかの様な平坦で渇いた音世界の中で、時折垣間見せる
感情的ななギターが、さらにそのやるせなさに拍車をかけています。
特に6曲目"Tom"での、いくら叫んでも永遠に届く事の無い呼びかけの如き
サビのメロディは、明け方の街を一人で彷徨う時なんかに非常におすすめ。
(万が一取り返しのつかない事になっても責任は取れませんのであしからず)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/track98/52383435